会社案内

株式会社青い鳥創業は演劇の創造を通して出会い創立しました。
一人一人が創造することを生業として発展させ、それによって人と繋がり、社会と繋がっていくことを目的とします。
「青い鳥」を創造するとはどういうことなのでしょうか?
「青い鳥」とは何なのでしょうか?
それは、私たちが生涯かかえていくミッションであると思います。
一人一人の創造力や表現力が発揮されること
素直に感動できる心を持ち続けること
感謝する喜びを抱けること
そんな仕事を創造していければいいなあと思っております。
今後ともよろしくお願いいたします。

株式会社青い鳥創業一同

会社概要
会社名 株式会社青い鳥創業
英文表記 AOITORI SOGYO,INC.
所在地 〒151-0062 東京都渋谷区元代々木町5-6 田村ビル405号室
電話 03-5738-7181 FAX 03-5738-7180
E-mail: aoitori@aoitori.org
資本金 1000万円
役員 代表取締役社長  上村ゆり子(天光眞弓)
代表取締役副社長 長井礼子(長井八美)
代表取締役副社長 橋野美千代(芹川藍)
取締役      橋野明美(天衣織女)
監査役      葛西満里(葛西佐紀)

沿革
1974年 劇団青い鳥創立
創立メンバーは現在の葛西佐紀、芹川藍、天光眞弓の他、木野花、河合みなと、渡辺光枝
1978年 渡辺光枝退団
天衣織女入団
1979年 河合みなと退団
1982年 長井八美制作として入団
1985年 伊沢磨紀入団
1986年 有限会社劇団青い鳥設立
「いつかみた夏の思い出」「青い実をたべた」紀伊國屋演劇賞受賞
木野花退団
1988年 公演制作、役者のマネージメント、各種イベント制作を行う会社として、有限会社ゆりあプロジェクト設立
1995年 バリ島の版画家メガサリに出会い、メガサリの作品のプロデュース及びバリとの交流事業を中心にした有限会社青い鳥創業設立
1989年 新人オーディションを行い、300人の応募の中から、高彩裕子、近内仁子、工藤かおり、真嶋美穂、田上仁美が研究生となる
1990年 高彩裕子、近内仁子入団
1992年 「地球環境変遷史入門 みずみずしい水 みずくさい水」東京ジャーナル演劇部門を受賞
1993年 「さっちゃんのヘンテコリン大冒険」中央児童福祉審議会より推薦文化財の認定を受ける
2001年 渡辺なほみ、森本恵美入団
有限会社劇団青い鳥、有限会社ゆりあプロジェクト、有限会社青い鳥創業三社を統合して、株式会社青い鳥創業を設立
2002年 「劇団青い鳥」を商標登録する
2003年 韓国伝統舞踊家金利惠と出会い、日本における公演の制作を行う
2006年 劇団青い鳥A・SO・BO塾開講。シニア演劇ワークショップ開講
2012年 「シニア演劇ワークショップ」を改め、「演劇ワークショップ」とする

メンバー紹介

天光眞弓(役者、劇作家、身体コンディショニング・インストラクター、メガサリプロデュース、バリツアーコーディネート)
芹川藍(演出家、役者、劇作家、A・SO・BO塾塾長、アクティングセラピスト)
葛西佐紀(役者、劇作家、衣裳プランナー)
天衣織女(役者、劇作家)
高彩裕子(役者、劇作家、映像作家)
近内仁子(役者、劇作家)

長井八美(プロデュース、マネージメント、コーディネート)
渡辺なほみ(マネージメント、A・SO・BO塾コーディネート)