劇団青い鳥

劇団青い鳥ショートショートシアター

「普通の人々」延期のお知らせ


新型コロナウィルスの感染の拡大が収まらない状況を鑑み、
3月17日~3月22日の公演を延期することに決定いたしました。
2015年東京を皮切りに行って来ましたこの作品は、大阪、茨城、鹿児島、宮城、岩手、沖縄と回り、再び東京に戻る予定でした。
劇団青い鳥一同「中止はしたくない。延期ということで時を待ち、実現したい」という思いで、延期の公演日程を急遽調整いたしました。
延期の公演は、2021年2月9日~14日 「劇」小劇場にて上演予定です。
詳細は決まり次第お知らせいたします。
チケットをご購入いただきましたお客様には、延期公演への振替をさせていただきます。
また、ご都合がつかないお客様には、払い戻しをさせていただきます。
振替、払い戻しご希望のお客様は青い鳥創業までメールでお知らせくださいますようお願いいたします。
この予期せぬ新型コロナウィルスの感染が収まり、新しい季節を迎えることができますよう。そして、改めてお目にかかれますことを心より願っております。
2020年3月11日
劇団青い鳥一同 
株式会社青い鳥創業
連絡先 aoitori@aoitori.org

「普通の人々」沖縄公演報告

沖縄公演 2020年3月4日(水)那覇市テンブスホール

喫茶店で対峙するアンバランスな男と女
長い歳月をともにした夫婦が隠し続けた心の襞と部屋の壁
夜の帳が覆う河べりの道。ひとりぼっちで歩く少年が出会った暖かな奇跡
三人の役者が11人の役を演じ分け、まるで本のページをめくるように五つの物語を紡いでいく
2015年に東京を出発、大阪、茨城、鹿児島へ
2017年に東日本大震災の被災地、宮城、岩手へ
東北を旅する中で出会った東北の普通の人々。
その人たちが乗り越えなくてはならなかった予期せぬ悲しみや苦しみ、それをかかえながら生きる姿勢に遭遇して、この作品は育てられた。
2020年劇団青い鳥として20年ぶりに沖縄を訪れた


アンケートから
・ 演じる役によって人が変るようにも見えて、そのギャップに驚きました。刺激をもらえて、とにかく感動しています。(大学生 22歳女性)
・ スポットのあたらない普通の人々はおもしろいと思った。飾らないからこその人間らしさ、個性があるのかもしれないと思った。(大学生 22歳女性)
・ ゴスロリからおじいさんへの着替えのシーンは、だんだんおじいさんのお出かけの支度のように見えて来た。見せ方が面白いなあと思いました。(大学生 21歳女性)
・ セリフ一つ一つがとてもリアル。全ての動きにスキがなく気持よかった。演劇がとても面白そうなものになって、距離が近くなった。(不明)
・ コロナに屈せず開催してくれてよかった。最後泣けました。キラキラの断片、本当にそうだなと思いました。(パート 51歳女性)
・ 3人で11役を演じる。いや、演じきったことに乾杯です。衣装、メイク、着替えのスピーディさに凄さを感じました。(71歳 女性)
・ 新型コロナウィルス騒ぎ、突然父親が倒れたり、観に行けるかどうかヒヤヒヤして、でも、えい!やっ!で来て本当によかった。青い鳥のみなさんは20年経っても変らなくて,でもちゃんと年をとられていて。色々色々…胸がいっぱいになりました。(57歳 女性)
・ 最高のひとときでした。今の気持を表す言葉が見つかりませんが、人生を変えたくなりました。(会社員 女性)
・ 素晴らしい 人間生きていて、おかしくて、せつなくて、素敵だ!(56歳 女性)
・ 普通の人々を時折、エキセントリックに演じたり、ゆっくり演じたり。派手な笑いや派手な演出はないのに引き込まれてしまった。(会社員 48歳男性)

舞台美術・音響プラン:芹川藍
舞台監督:内山寛郎
技術監督:小林清隆
照明:久保田つばさ
音響:吉田望
衣裳:葛西佐紀
小道具:天光眞弓
演出助手:渡辺なほみ
制作:長井八美 青い鳥創業
企画:劇団青い鳥
監修:市堂令
主催:青い鳥創業
協力:珊瑚舍スコーレ すぺーす結
共催:劇団青い鳥沖縄公演応援団
後援:那覇市 エフエム沖縄 沖縄タイムス 沖縄テレビ ラジオ沖縄 琉球朝日放送 琉球新報 琉球放送
助成:芸術文化振興基金

『普通の人々』東北公演 報告!

今春より「復興応援」として東北三カ所で上演いたしました。
どの会場も地域の皆様の熱い気持ちで、こちらがいっぱいの応援をいただきました。
蔵の会場があったり、地域のお祭り日であったり、被災された方々のお話しを聞かせていただいたり。
思い出に残る公演となりました。

宮城県気仙沼公演
2018年3月18日(日) はまなすホール

岩手県岩泉公演
2018年3月21日(水・祝) てどの蔵

宮城県大槌町公演
2018年9月23日(日) 大槌町文化交流センター おしゃっち

〜アンケートより〜
・この蔵の中でどんなお芝居されるのだろうと思っていましたが、もうびっくり!役者さんが目の前でした!楽しかったです。
・今春、やっと山の中に家が建ちました。なんだか今までの疲れがとれたような気がしました。ありがとうございました。
・毎日の中の短い時間の中の心に残った事、クスッとした事をのぞき見したようで面白かったです。
・遠方から来ていただき、ありがとうございました。心温まる瞬間ばかりで、一つ一つがとても深く、心にささりました。
・初めて演劇をみました!なんか、カンドーです。
・こういうお芝居もあるんだなぁ〜と思いました。もっともっと違う場面を見てみたいと思いました。
・次々に変わる場面。とても役者さん三人でされていたとは思えませんでした。もう一度じっくり見たいです。