メガサリ


メガサリ(MEGASARI)プロフィール

バリ島唯一の女性版画家。1963年 バリ島西部、タバナン生まれ。
ISI ジャワ島ジョグジャカルタ国立美術大学で版画を専攻。特に木版画を6年間学ぶ。
現在、バリ島Ubud在住。
油彩画家である夫のグスティとともにバンガローを経営しながら創作を続けている。

<メガサリの経営するバンガロー>
デワンガ・バンガロー Dewangga Bungalow and Gallery
http://www.dewanggaubud.com/

<プロフィール>
1994年  バリ島グリーンミラットホテルにてSENI WATI グループ展
1995年  東京青山 フィロ青山にて展示
ドイツ コローニュ メディアパークにてSENIWATI グループ展
栃木県ギャラリー 黄金の館にて個展 『バリからの神話』
大阪 びいどろほおるにて 展示
1996年  大阪セルヴィスギャラリーにて個展 『バリからの神話』
山形県酒田市、鶴岡市、米沢市、山形市トヨタカローラショールームにて巡回展
東京スパイラル。エントランスギャラリーにて個展 『バリからの神話』
1997年  東京渋谷パルコ ロゴスギャラリーにて個展 『天地の想像力』
2000年  東京アート・カフェ・1107個展 メガサリ版画展
2001年  東京アート・カフェ・1107個展 『光の引力』
埼玉県 宗平ギャラリー 個展『バリからの贈り物』
2004年  大阪ワイアートギャラリー 個展『バリからの神話』
2005年  大阪ワイアートギャラリー 二人展(メガサリ版画と夫グスティ油彩画)
『バリからの神話』
2009年  東京豊島区あうるすぽっと ロビーにて『バリからの神話』
2011年  京都市ギャラリーKazahana(東急ホテル)にて 『バリからの神話』
2014年  東京目白 古民家ギャラリー「ゆうど」にて個展『バリからの神話』

《メガサリの世界》

1994年、天光眞弓がバリ島、ウブドに滞在中にメガサリとその作品に出会う。
伝統のスタイルにこだわることなく独自の感受性、手法で表現している希有なアーティストの一人だという印象を受ける。

バリ島の伝統画とは違う油性インクによる木版画。
作品の中には、バリの暗闇にうごめいていそうな・・・怖いけど、おチャメに笑っている妖怪、力強い神話の中の精霊、不思議な生き物達が生きている。
そして2011年、東日本大震災を受けて、日本の悲しみ、苦しみに心を寄せたいと願った作品には祈りの心が溢れた。

近年、バリ島の景色も空気も変わり、生命のエネルギーが渦を巻くような力強い空気も変わっている。

その中でメガサリは、バリ島が奥底に秘めている熱いものを心に焼き付けるように描いている。

作品に溢れる空気がどんなふうに変わって行くか、私たちに何を感じさせてくれるのか、バリ島を訪ねるのと同じように心ときめく!

《メガサリ独特の手法 》

一版多色刷り・・・版木は一枚のみ。彫っては色を乗せ、また彫っては色を乗せるという過程 を重ねて行く。
版木は彫り進められていくので、初めに決めた枚数以上は製作できない。 エディションは5枚から、多くて10枚と限られている。 油性インクを使用し、その重なりが豊かな風合いを作り出し、バリ島独特の空気感を醸し出 している。全て手仕事のため、版画ではあるが一枚ずつがオリジナルと言ってもよい。


私を見て
LIHAT SAYA
60×40cm
2000
バリ舞踊ジャンゲル
JANGGER
30,5×40cm
1996
火の神
DEWA API
30,6×30,2cm
1996
すくいの女神たち
DEWI PENYELAMAT
30×30cm
2011
神への感謝
MATURAN
39×30cm
2000
私の祈り
DOA KU
30×20cm
2001
バリの女
WANITA BALI
18,8×18,3cm
1995
獅子
SINGA
26×20cm
1995
ブッダはそこに
ADA BUDHA
20×14cm
2011
ブッダの祈り
DOA BUDHA
20×15cm
2011
スピリット6
SPIRIT 6
61×30cm
1994
天国と地獄
PARADISE and HELL
40×40cm
1994
スピリット4
SPIRIT 4
40×30.5cm
1994
クロコダイル
CROCODILE
40×40cm
1994