SHOP

SHOP カテゴリー

購入方法

下記の方法で青い鳥創業までお申込み下さい。

電話:03-5738-7181
FAX:03-5738-7180
E-mail:aoitori@aoitori.org

FAX、E-mailの方は氏名、ご住所、ご連絡先、ご購入シナリオ名を記載願います。
代金はシナリオ代+郵送手数料を銀行振込でご入金いただきます。
口座番号はお申込みの後にご連絡いたします。

シナリオ 2016〜

『普通の生活』800円

五つの物語があぶり出す、普通の生活に潜む不安、焦燥、倦怠、安堵、そしてせつなさ…。「普通の人々」に続く劇団青い鳥ショートショートシアター第2弾。久しぶりに会う高校で同じ部活だった二人『ジャンヌとその家来』 大きな秘密を抱えて派出所にやってきた少年と巡査の物語『仙人谷派出所』 血の繋がらないニセモノの兄妹の葛藤を描いた『ホワイト・アウト』 老教授の研究室に忍び込んできた少年の真意とは?『サチ雄くん』 女優の母と娘。わだかまりと侘しさとやさしさが交差する『オークラ 子クラ』


『普通の人々』800円

市井の人々の会話の断片に見え隠れする人間の建前と本性を鮮やかに描く。喫茶店で対峙する謎の女と初老の男性『ゴス・ロリに祈る』 長年連れ添った夫婦には知られてはいけない秘密がある『サラサラ』 無骨な舞台俳優と付き人の物語『Sir.K』 漆黒の夜に出会う少年と女性が心を添わせる『漆黒のお月さま』 もう別世界へいってしまった母を見つめる息子を描いた『waterloo bridge』


『わからなければモモエさんに聞け』 1,000円

デパートのエレベーターガール募集のチラシを握りしめた松子さん。一歩前に踏み出せない松子さんを応援するように、摩訶不思議な人々が入れ代わり立ち替わり現れる。青い鳥がお贈りするワンダーランド。


『ミクちゃん、お風呂の時間です。』 1,000円

父の葬儀のため、久しぶりに実家に帰ったカヲル。
そこには認知症の母がひとり、残されていた。
大好きな公園のベンチで幼子のように笑う母、ミクちゃん。
母と娘のたった一時間の、そして永遠の瞬間となる物語。